「3te’ Café」では、内面美を高めていただくために、野菜ソムリエが、メニューのプロデューサーとして、皆様に提案してくれます。

食材については、美味しいもの、品質の高いもの、独自性のあるものを生み出そうとする四国の農家の方々がこだわった新鮮な野菜を「よんいち」様、及び阿蘇の無農薬野菜を「土のめぐみ」様より提供いただいています。

豆腐食材につきましては、清澄なる水と禅の歴史街道、福井永平寺町 「幸家」様より、地元ならではの思いと歴史を詰め込んだ食材を提供いただいています。

また、病気や老化の原因とされる活性酸素を除去してくれる、最近話題の水素水を、カフェ内では、ご自由にお飲みいただけます。詳しくはこちらから(PDF)

「よんいち」様

日本国内の他地域にくらべ農地の狭い四国は、農業にとって決して恵まれた環境ではありません。だからこそ、他よりも学び、知恵を出し、試行錯誤を繰り返し、どこより美味しいもの、品質の高いもの、独自性のあるものを生み出そうとする四国のこだわりと情熱は、半端なものではありません。

私たちよんいちは、こうした四国の優れた農家をひとつにまとめ、農業ブランドとして四国の魅力を、広く全国に向けて紹介しようと取り組まれています。

また、四国の農業の持続的な発展に、少しでも貢献したいという想いで設立されました。
多彩なシーンにおいて、四国の「いちばん」を創造すること。それが、よんいちの使命であると考えています。
  
http://www.yonichi.jp/about/index.html

「土のめぐみ」様

野子菜子って・・・わかります?実は「野菜」って字の中に「子ども」がいるんです。本当にうまいと、安心して、楽しみながら、感動しながら、笑顔で食べる、そんなお手伝いをしたい。野菜やお米やフルーツ、そんな「土のめぐみ」を子どもたちに伝えていきたい。そう思っています。

http://a-nen.net/


「幸家」様

豆腐と同じく、水が大切な日本酒の酒蔵も軒を連ねる名水の地、永平寺町。その蔵の中には、全国的に有名な酒蔵もあるほど。幸家の豆腐づくりに使用している水は、霊峰白山山系の雪解け水が、長い年月をかけ自然のフィルターでろ過された白山伏流水を地下100mから汲み上げています。

また幸家では、使用している水について徹底した衛生管理、水質検査を行い、美味しさだけでなく安全性も確保しています。「醤油を使わず、そのままで味わえる豆腐を」そんな想いから、大豆の粒がしっかりしており、たんぱく質も多く豆腐づくりに適している国産大豆「サチユタカ」を使っています。この国産大豆「サチユタカ」から作られた、噛みごたえ、噛むと口いっぱいに広がる甘みと濃厚な豆の味のお豆腐です。

http://www.sachi-ya.jp/